人種で違う?遺伝?デリケートゾーンの色は個人差あり

デリケートゾーンの色は人種によって違います。

他の人のデリケートゾーンの色って

 

そもそも白人女性、黒人女性、黄色人種である日本人女性のデリケートゾーンの色は違います。
おおよそ、下記くらいの違いがあるんですよ。

白人女性

日本人女性

黒人女性

 

当たり前ですが、元々の人種による肌色というものがあり、白色人種はメラニン色素が少なく、日焼けをしても黒くならずに赤くなるタイプ、一方、黒色人種はメラニン色素が多く、日焼けによって黒くなるタイプです。黄色人種である日本人はその中間。紫外線一つとっても、人種によって黒ずみやすさが変わります。

 

日本人のデリケートゾーンの色

また、日本人女性のデリケートゾーンの色も、調査によると様々です。黒い人もいれば、肌色に近い方もいます。それには個人差があり生まれながらのメラニン色素の量や、年齢、性別によって人それぞれ全く違うと言われています。

 

日本人女性のデリケートゾーンの色 参考
薄い ←      →濃い

 

赤っぽい人もいれば、黒ずんでいる人もいて、本当に人によって違うことがわかるかと思います。(ちなみにケアする前の私は一番右くらい黒かったです…)

 

一般的に、年齢が上がるにつれて黒ずんでいくと言われているのは、顔の肌の老化と同じ原理で、肌の代謝が悪くなり、ターンオーバーがうまく機能しなくなっていくことが原因と言われています。

 

ちなみに、日本人は特に黒ずみを気にする女性が多いですが、それはメラニン色素が多い上に、目立ちやすいということが挙げられます。また、周囲と同じであることを良しとする国民性も、それを助長する原因ではないでしょうか。

 

黒ずみケアでどのくらい色が薄くなるの?

「色白は七難隠す」と言われるように、女性にとって、美白は一番の目標。
デリケートゾーンもできれば白く…とまではいかないまでも、黒ずみはなくしたいですよね。

 

どの程度まで色を薄くすることができるか?というと、自分の肌色以上に薄くすることは不可能です。
ちなみに自分の肌の一番白い部分はどこかご存知ですか?
それは、「二の腕の内側」

 

日焼けすることもなく、摩擦もすくない二の腕の内側が、最も女性の肌の中で白いと言われています。

 

デリケートゾーンは常に下着を付けている状態なので、さすがにその白さまで美白するのは無理があると思いますが、地道な努力によって、色を薄くすることは可能です。

 

私自身、生活改善、睡眠時間確保、毎日の保湿によって、ずいぶんと黒ずみが解消されました。
もし悩んでいるなら、今すぐにでも美白ケアに努めるのが近道だと本気で思います。
美白って、一日でパッと白くなるものではなくて、毎日の積み重ねが本当に大事なので、やればやるほど効果がでてきますよ。

 

↓ デリケートゾーンの黒ずみに効く美容クリームのランキングはコチラ ↓
ランキングボタン

スポンサードリンク