市販クリームは危険?デリケートゾーンの正しい保湿

断然、通販がおすすめ!

デリケートゾーン専用の石鹸やクリームって、なかなかドラッグストアでは見つけられないですよね。
かゆみに効くものはおいてあるけど、「黒ずみ」用はさすがに需要がないのか…?

 

でも、そもそも売っていたとしても「買うのがめちゃめちゃ恥ずかしい!」ことに気が付き、さらに、皮膚科で「黒ずみが…」なんて言うのはもっと恥ずかしい!!

 

病院マニアなので、病院でもらう薬の方が圧倒的に安心感はあるのですが、こんなことで皮膚科に行くのも変だな…
ということで、私はインターネット通販で購入しました。

 

みんなインターネットで購入してるみたい
調べてみると、割とわからないように包装して送ってくれるところが多いみたいなので、家族と同居でも安心ですよ。

 

おすすめアイテム3つをトップページでご紹介しています。よろしければごらんください。
デリケートゾーン専用の美白クリームおすすめ3つはコチラ

 

デリケートゾーン専用って何が違うの?

デリケートゾーンだけ違う石けんで洗ったり、ボディクリームを変えたりすることに違和感のある人も多いですよね。
私もはじめはそうでした。

 

デリケートゾーン「専用」石けん・クリームってそもそも何が違うかというと、
大きな特徴は3つです。

美容クリーム

ニオイ・黒ずみに効果がある
低刺激
抗菌作用が強い

 

ニオイ・黒ずみに効果がある

やっぱり、気になる人は多いようで、匂いに対しては特別なハーブが成分に入っていたり、黒ずみには「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」といった美白成分が含まれています。美白成分としては「ハイドロキノン」が有名ですが、デリケートゾーンに対してはその成分効果が強すぎるため、「トラネキサム酸」を配合していることの方が多いようです。

 

低刺激

デリケートゾーンは目の周りの肌よりもさらに角質が薄く、その名のとおり、とても繊細でデリケートです。
そのため、専用クリームは低刺激で作られており、口コミを見ていても「ヒリヒリしない!」「刺激が少ない」といった声が多く上がっています。

抗菌作用が強い

ニオイのもととなる菌を除去するために、ボディソープよりも抗菌作用は強めです。
どうしてもオリモノや尿の汚れが残ってしまうため、衛生面が気になるのがデリケートゾーン。抗菌作用を強くすることで刺激も強くなりそうなものですが、「低刺激」に抑えるために様々な工夫がなされているようですね。
価格が高めなのも少し納得です。

 

↓ デリケートゾーンの黒ずみに効く美容クリームのランキングはコチラ ↓
ランキングボタン

スポンサードリンク