VIO脱毛・デリケートゾーンを意識する年齢と悩みの解決策

人には話せないデリケートな悩み

デリケートゾーンに関することって、本当に他人には簡単に聞けないし、悩んでいても話せないことが多いですよね。
VIO脱毛に関しては、私も悩んで悩んでたくさん調べました。
その中で「中学生の娘がワキの毛が気になるから脱毛したいと言ってきた」という記事を見て「中学生でも悩むのかー」と驚いた覚えがあります。

 

その子は、部活動でノースリーブのユニフォームを毎日着るそうで、母親が掲示板に質問していました。それに対するみんなの回答は「やったほうがいい!」が圧倒的意見。

 

本来、部活に120%の力を注ぐべきなのに、そんなことが気になって力を出し切れないのはどう考えてももったいない!脱毛を始めるのに年齢は関係なくて、悩んで、それが解決できるならさっさと始めた方がいい!と私も思います。

 

私の後悔話、聞きます?↓
デリケートゾーンがコンプレックスで好きな人にアプローチできなかった話

 

-->

解決したいと思った時が、はじめ時。

脱毛したいと思ったら今すぐ

 

VIO脱毛にしても、デリケートゾーンの黒ずみにしても、
今や時代は発達して、悩みを解決してくれる商品は探せばいくらでもあります。

 

私が意識し始めたのは20歳のころ。友人のVラインを初めてみて、あまりの手入れの美しさと自分のVラインを比較して落ち込んだのがきっかけでした。
きっと体育系の部活をされていた人はもっと早くから気にしているんじゃないかな?

 

そういえば、大学生のころ、卒業旅行前に、Vラインの毛のカットの方法がわからなくて、こんな商品を買ったのを思い出しました。今でも使ってます。
ビキニラインヒートカッター「エンジェルタッチ3」
これを買った時ってまだお金もバイト代くらいしかなかったし安い買い物ではなかったけど、本当に悩んでいたので即買いしました。

 

VIO脱毛はお金さえ払えば絶対にキレイになるし、一本もない状態になるまでは最低20回の照射が必要。1回照射したあとに3カ月は空けないといけないので、2回目の照射は3か月後。
そう思うと、年に4回しかあてられなくて、どうがんばっても5年はかかるのです。びっくりでしょ?

 

その間も、月経がきてしまったらあてられないからお休みをしているともっと長くかかります。

 

悩んで、解決したい!と思った時がはじめ時だと思うんです。
小さな悩みかもしれないけど、その悩みを解決することで自分への自信がつくから。絶対に。

 

-->

お金はいくらでも稼げるけど、時間は買えない。

今は社会人になって、そんなに稼いでいる方ではないけど、何かを買って解決する悩みはすべて解決してしまうのが大事だと思う。

 

お金は一日バイトしたりすれば簡単に手に入るし、あとからいくらでも稼ぐことはできる。
でも、20代の輝かしいたのしい時間は、どう頑張っても買えない。

 

私自身、引っ込み思案で、自分に自信がなくて、ずっと恋愛もうまくいかなかった。
でも、小さな悩みやコンプレックスをひとつずつ解決していったら、だんだん自信がついてきたんです。だから20代で悩んでいる人には、さっさと悩みは解決しちゃえー!って言いたい。本当に、そう思う。

 

時間は買えない。でも、自信は買える。
悩みに対して、きちんと自分で行動したことが必ず自信になっていくから。
勇気を出して、一歩踏み出してみてね。

 

あ。私の後悔した赤裸々話、聞いていきます?↓
デリケートゾーンがコンプレックスで好きな人にアプローチできなかった話

 

↓ デリケートゾーンの黒ずみに効く美容クリームのランキングはコチラ ↓
ランキングボタン

スポンサードリンク


関連ページ

デリケートゾーンがコンプレックスで好きな人にアプローチできなかった話